楽するための努力
米国株投資

ロックアップ期間解除は好調な大麻株の買い時となるか

好調に伸びていっている大麻株を買いたいけれど
高値で買うのはなんだか損している気分で嫌だ、と思っていませんか?
中長期でその企業の将来性が信じられるなら
高値で買っても問題ないんですが、
気持ち的には少し下がったところで買いたいですよね。

今回はそれが可能になるかもしれない、
ロックアップ期間の解除について解説します。

ロックアップ期間解除は好調な大麻株の買い時となるか

ロックアップ期間とは

ロックアップ期間とは、株式上場前に株を手に入れていた人
(その企業の創業者、従業員や一部のベンチャーキャピタルなど)
に対して、株式上場後すぐに株を売ることが出来ないよう設けられた期間のことです。
※期間は一般的に株式上場から90日から180日間です。

ロックアップ期間が終わると、一部の株保有者が利益確定のため
株を売りに出し、結果として株価が下がることがあります

有望大麻株TILRAY(TLRY)ロックアップ解除で急落

大麻株メーカー、TILRAYは今年1月15日のロックアップ解除を受けて、
株価が1日で前日比−17%と急落しました。
TLRY-lockup

既に株を持っている人にとっては株価の下落は良いニュースではありませんが、
これから買おうと思っていた人にとっては、
株価の急落はまさに買い時

日本から買える大麻関連銘柄でロックアップ解除を控えている銘柄は
今は見当たらないんですが、
米国株の取り扱いが多いマネックス証券が今後も取り扱い銘柄を
増やしていくことが予想されます。
投資できる大麻銘柄が増えたら合わせて
ロックアップ期間解除が予定されているかどうかも調べておきましょう。