米国株投資

【簡単】米国株投資家が知っておくべき損益計算書の見方

いざ米国株に投資しよう!となった時に必ず目を通しておくべき財務諸表。
やたら項目が多いし、そもそも英語だしなんだか難しそうですが、
見るポイントを重要なものだけに絞って効率的に情報収集しましょう!

今回はIncome Statement(損益計算書)について。
必ず見ておくべき項目はそんなに多くありません。
実際に投資をするより前にざっくり概要を掴んでおきましょう。

Balance Sheet(貸借対照表)編はこちら

あわせて読みたい
【簡単】米国株投資家が知っておくべき貸借対照表の見方いざ米国株に投資しよう!となった時に必ず目を通しておくべき財務諸表。 やたら項目が多いし、そもそも英語だしなんだか難しそうですが、 ...

Cash Flow(キャッシュフロー)編はこちら

あわせて読みたい
【簡単】米国株投資家が知っておくべきキャッシュフローの見方いざ米国株に投資しよう!となった時に必ず目を通しておくべき財務諸表。 やたら項目が多いし、そもそも英語だしなんだか難しそうですが、 ...

米国株投資家が知っておくべき簡単な損益計算書の見方

そもそもIncome Statement(損益計算書)って何?

損益計算書とは、企業の一定期間の経営成績を表すもので、
大きく、以下の3つの項目によって作られます。

・収益
・費用
・利益

利益=収益-費用 になります。

ざっくり説明すると、
企業が何をやって収益を得て、
そのためにいくらの費用を使ったか。
その結果、いくらの利益が出たか。
を表すのが損益計算書です。

理解を深めるために具体的な銘柄で見ていきましょう。

貸借対照表の見方【Yahoo Financeの使い方】

財務諸表が見られるサイトは色々あるんですが
今回はアメリカ版のYahoo Financeを使います。
https://finance.yahoo.com/

まずはトップページから自分が見たい銘柄の名前で検索。
今回は試しにAmazonについて調べてみます。

目的の損益計算書は、Financialsの中、Income Statementにあります。
今回はよりざっくりとした傾向を掴む、という意図なので
四半期毎(Quartely)では無く、年度毎(Annual)の方を使います

損益計算書の見方 -それぞれの項目を説明-

重要な項目はそんなに多くないので上から順に見ていきましょう。

Revenue(収益)

Total Revenue: 売上高
Cost of Revenue: 売上原価
Gross Profit: 売上総利益

売上総利益=売上高-売上原価 です。

Operating Expense(商品を販売するのにかかったお金)

色々な項目がありますが、一番大事なのは
Operating Income(営業利益)です。
営業利益は、売上高から商品の製造にかかったコストや
販売のためにかかったコストなどを引いたもので、
その会社が本業で稼ぐ力を測る指標になります。

Net Income(純利益)

こちらも色々項目がありますが、大切なのは
Net Income(純利益)です。
純利益は営業利益から本業以外で失ったお金を引いたり、
逆に得たお金を足したりして算出されていて、
最終的に法人税を引いたものです。

色々差し引かれて最終的に残った利益、というイメージでオッケーです。

確認するべきポイント

1. 昨年、一昨年と比べてTotal RevenueとOperating Incomeが伸びているか
売上と営業利益両方が伸びている=ビジネスが順調に成長している
ということになります。

2. 売上総利益率の年毎の推移と同業他社との比較
売上総利益率=Gross profit / Total Revenue で求められます。
企業が提供する、商品やサービスのそのものの利益率を表しているので、
これが他社よりも高いと、より利益率の高い商品を扱えていることになるのでプラスです。

3. 売上高営業利益の年毎の推移と同業他社との比較
売上高営業利益=Operating Income / Total Revenue で求められます。
企業が本業でどれだけの利益率を出せているか、を示す指標なので
これが他社よりも高いと、より効率よく稼ぐことが出来る、ということになります。

繰り返しになりますが、損益計算書は一言で説明すると、
「いくら稼いで、いくら使って、いくら残ったか。
どれぐらい効率よく稼げているか(利益率)」
を表すためのものです。

事業がちゃんと成長しているのか、利益率は他社と比べてどうなのか、
みたいな点に注目しながら色んな銘柄を見てみて下さい。